ブセファランドラ sp. クアラクアヤン北部産 タイプⅠ

販売価格

  • 出射氏コレクション 増殖株 1株 2000円、2株 3000円
ブセファランドラ sp. クアラクアヤン北部産  タイプⅠ

概要

小型で可愛いブセファランドラ。流木や石に活着します。
地を這うように成長するため、レイアウト前景に使い易い種です。
通常は小さく収まるので小型水槽でも重宝します。群生させると見応えのある水景を演出できますよ。前景にも使い易く、或いは後景に配置して奥行き感を出すのも良いですね。

出射氏から譲り受けた貴重な株を、出射氏コレクションとして販売しております。

ある日、ナチュラに「ブセファランドラ2種を採取したので送った」と電話が入りました。

当時、事前に出射氏からクリプトコリネの調査でクアラクアヤンに行くと聞いており、私はてっきりクリプトコリネが送られてくるのだろうと思っていたんですね。ブセファランドラが送られてくる事に驚いたのを今でも覚えています。

電話の数日後に荷物が届き、開梱して早速確認。2種類のブセファランドラが確かにありました。見た目はもちろん違うし、何より成長の仕方が違っていて、違うタイプの種であることは明らかでした。

2種類の内の一つがこのブセファランドラ。拳ほどの小さな塊で、葉は米粒2個並べたくらいの大きさの物がかろうじて付いてる状態…。水で洗うと根茎しか残りませんでした。

その根茎は、(立ち上がらずに)地を這うように横に展開している。こちらをクアラクアヤン北部産の“タイプ-1”としました。(もう一つはブセファランドラ sp. クアラクアヤン北部産 タイプⅡとして販売しています。)

葉が前述の状態だったので、「これ大丈夫だろうか」…と、心配な気持ちでいっぱいでしたね。植物の生命力に賭けるしかないと思い小ぶりの溶岩石に巻き付け、ストック水槽に並べたのでした。復活する事を祈りながら…。

2か月ほど経った頃、小さな葉(入荷当時と同じサイズ)が生え始めているのに気づき安堵した事を思い出します。そして、やはり根茎が立ち上がらない。葉の小ささと横に広がる性質から、「これはレイアウトに使い易いブセファランドラだ」と思いました。頭の中で瞬時に水景が広がり、いろんなレイアウトを想い描いたんです。

後に、出射氏から採取状況を確認したところ、タイプⅡは水上の物を採取されたようです。本種の採取場所は、タイプⅡの採取場所から1時間ほど離れた場所にある滝壺の中で、手で一握り掴んで採取したという事でした。同じクアラクアヤン北部であっても別の場所という事ですね。

この事を踏まえて…
本種は、滝壺という多量の水が強く流れる水中に生えており、栄養分が少ないため葉は小さく、流れが強いため横に繁茂する習性が強い…と私は思っております(養分濃度の高いソイルなどで育成すると葉が大きくなるのは理解出来ます)。

当店の株は、当時入荷した株をずっと維持しているものです。
栽培は難しくありません。CO2無添加でも変わらぬ美しさを楽しめますよ(もちろん、CO2添加は有効です)。


群生させると美しさが際立つため、是非群生での栽培を楽しんで頂きたく、お値打ち価格で販売しています。ブセファランドラは成長の遅い水草ですから、レイアウトに使う場合は数株から育成し始める事をオススメ致します。

ワイルド

採取された野生個体のことで、ブリード個体(繁殖・養殖されたもの)とは区別して販売しています。
ワイルドは、野生個体であるため生息地での表現を濃く表していることや、生息地の開発や環境破壊で入荷が不安定であったり、場合によっては二度と入ってこないこともあるレアさも魅力です。一方、採取〜販売店にとどくまで時間がかかる為、入荷直後は状態が安定していない事や、病気に罹っている場合があります。
当店で販売するワイルド個体はトリートメント済みです。ご安心ください。

ブリード

繁殖個体の事です。複雑な入荷ルートを経ないためワイルド個体より状態が良く、飼育初期段階での難易度が低くなり飼育しやすい個体と言えます。
多くはワイルドと比べてお求めやすい価格である事が多いです。当店では単にブリードと表記した場合、そのほとんどが東南アジアブリードを指します。

ナチュラブリード

当店で繁殖させたものは販売ページにて「ナチュラブリード」として一般的なブリード品と区別して販売しております。
長年培った技術と経験で独自にブリードを行っており品質に自信があります。一方で価格を抑えていますので、おすすめの一品です。
繁殖の際は、病気の有無やヒレの欠損、体形や体色などに留意し選別しております(※わずかなヒレの切れなどが避けれらない種については、その種の販売ページにて表記して販売しております)。

国産ブリード

当店が品質を認める日本国内ブリーダーによる繁殖個体です。

関連商品

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。