ororium

Xiphophorus maculatus タバスコ(メキシコ)

販売価格

  • ナチュラブリード 1ペア6800円
Xiphophorus maculatus タバスコ(メキシコ)

概要

メキシコに分布する原種プラティの一種です。
繁殖は容易で、改良されたお馴染みのプラティと違いワイルド感溢れた個体です。

オスは小さなサイズから体色がオレンジで、成長するに従って濃くなります。

(さらに…)

トニナ sp. ウアウペス

販売価格

  • ありがとうございます。完売です。
トニナ sp. ウアウペス

概要

明るいグリーンとカールした葉が特徴のウアウペス産トニナです。
これぞ南米!といった雰囲気が良いですね。
成長が遅く、前景〜後景まで幅広くレイアウトに使えます。


水質が合わない、まはた水質の変化が大きいと溶けるように枯れてしまう事があり気難しい面がありますが、それだけに栽培意欲を高めてくれる種でもありますね。
低PH・低硬度を維持するため、低床素材はソイルが基本。CO2添加と高光量環境も必要です。


(さらに…)

ベタ ヘンドラー PALANGKARAYA産

販売価格

  • ナチュラブリード Sサイズ 1ペア6800円
ベタ ヘンドラー PALANGKARAYA産 (旧ベタsp. パランカラヤ)

概要

中央カリマンタンのパランカラヤに分布。
記載されるまでは、ベタsp. パランカラヤとして流通していました。

コッキーナグループに属するバブルネストタイプの小型ベタです。
オスの体色はコバルトブルーに輝き、エラ蓋にえんじ色の2本ラインが入る非常に魅力的な種で、一見するとベタフォーシィの幼魚のような風貌を持っています。

(さらに…)

ベタ シンプレックス (タイプ-2)

販売価格

  • ナチュラブリード 1ペア 6000円
  • ナチュラブリード Sサイズ(約1.5センチほど)オス、メス不可 5匹5000円
ベタ シンプレックス (タイプ-2)
ベタ シンプレックス(タイプ-2)

概要

タイ南部に分布するマウスブリーデングタイプの小型ベタで、近年発見された種です。

シンプレックスと言う種名で販売しておりますが、従来のベタ シンプレックスとは異なり、本種のオスはブルーを基調にした体色で尾ビレに柄も入りとても綺麗なベタです。

酸性の水を好むベタが多い中、本種は中性付近の水を好むので特別な飼育環境を作らなくても容易に飼育でき、性格も穏和で複数飼育の水槽内でも容易に繁殖します。 ワイルドベタの入門種としてお勧めします。

(さらに…)

ベタ ミニオピンナ(ビンタン)

販売価格

  • ワイルド 1ペア8000円 ワイルド入荷個体の為、多少のヒレ欠損やスレは御容赦下さい。
ベタ ミニオピンナ(ビンタン)

概要

1993年にシンガポール近郊のビンタン島で発見されたコッキーナグループに属する小型ベタです。
本種はバブルネストタイプです。

近縁にベタ ペルセフォンが知られていますが、本種と区別するには腹ビレの色彩が赤色で、先端部がホワイトチップになっているところです。
またメスの体色はかなり赤味を帯びていますね。

ベタ ミニオピンナ(ビンタン)
(さらに…)

ベタ アルビマルギナータ (マリナウ)

販売価格

  • ナチュラブリード 1ペア6000円
ベタ アルビマルギナータ (マリナウ)

概要

カリマンタン東部に分布し、各ヒレの白い縁取りが際立つ綺麗な種です。

マウスブリーデングを行うベタの中でも小型種で、性格も穏和なため複数飼育も可能です。
繁殖も容易に楽しめますよ。

(さらに…)

ベタ フォーシィ (ストローイ) 中央カリマンタン

販売価格

  • ナチュラブリード 1ペア 6800円
  • ナチュラブリード Sサイズ(約1.5〜2センチほど)オス、メス不可 5匹 5000円
ベタ フォーシィ (ストローイ) 中央カリマンタン

概要

中央カリマンタンのスカマラ南部に分布。
フォーシィグループに属するマウスブリーディングタイプのベタです。

オスは体やヒレがメタリックブルーになり、エラ蓋に2本のえんじ色のラインが入る非常に魅力的な色彩の種ですね。

(さらに…)

ミクロポエキリア ブランネリィ (マラニョン)

販売価格

  • ナチュラブリード Sサイズ 1ペア6800円
ミクロポエキリア ブランネリィ (マラニョン)
ミクロポエキリア ブランネリィ (マラニョン)

概要

Micropoecilia branneri

ブラジルのパラ州を中心に分布。
オスの尾筒部分にある蝶に見られるような眼状斑が一番の特徴で、体色も多彩な虹彩色に飾られるとても綺麗な小型の胎生魚です。
ブランネリィには様々なロカリティがありますが、南米からのワイルド個体は稀にしか入荷しませんので、大切に維持したいものです。

(さらに…)